覚えたらすぐに使う

1つは単語と文法です。

まずは単語と文法など基本から押さえていきます。
中学レベルの文法が大事です。
基本レベルの文法を自分で使えるレベルまでしっかりと身に付けましょう。
次は読む、聴くです。
単語と文法が身についてから速読やリスニングに進みます。
次は話す事です。リスニングリスニングを始めたら自分で思ったことを話す訓練です。
聴く力を伸ばすことにも有効です。
最後が書く事です。
話す時は意外と気づきませんが書くと文法を間違える事が有ります。
正しい文章を書くために英文添削を行います。
単語は1000個を目標に覚えていきます。
単語が分からなければマスターする事は不可能です。
それ以下では劇的な英語力の上昇は厳しいです。
1000語は厳しい方は500語からスタートし、文法やリスニングに移行しても良いです。

使えるレベルのスピード

単語を覚えるときは使えるレベルのスピード感を身に付けられるまで覚える事が大事です。
単語を聞いた瞬間で意味を思い浮かべられて、とっさの会話も自然に口に出る感じです。
どんな難解な単語でも2秒以内には思い出したいです。
単語の持つイメージを明確にして覚える事が大事です。
どんどん使うことも大事です。
単語帳を見ながら作文を行ったり、スピードがあると実感できるまで訓練です。
単語を言い換える事も重要です。
いつでも他の単語で言い換えられるようにしておくと会話を途切れさせることは無くなります。
言い換え表現をたくさん知ることは文章力が大きく上がります。
同じ単語を繰り返さないが良い英文の為には必要です。
以上のことを意識して英文添削を利用し英語を上達して行きましょう。