おすすめリンク

レベルの高い英文添削

専門分野でネイティブな校正者が在籍しています。論文もレベルの高い英文添削をする事が可能です!

本気を出すための準備

英語を習得するのはコツが有ります。苦手意識がある方でもコツをおさえれば大丈夫です。 働きながらでも英語力を身に付けるためにはどうすれば良いかという視点でお伝えして行きます。 私が実践して効果が高かった事も詳しく伝えて行きます。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

効率的に英語を上達するにはどうすれば良いか

中学から大学まで英語を学ぶとして授業時間は1000時間程度です。
宿題や受験勉強を含めると4000時間程度になります。
4000時間は月曜から金曜まで8時間を英語に使い、二年間も費やした計算になります。
何故なのか考えた事は有りますでしょうか。
勉強の仕方に問題が有ったのです。
徹夜で覚えて次の日にはすっかり忘れてしまう勉強法でした。
英語力を伸ばすには一番やってはいけない事です。
この負のスパイラルに入らない事が大事です。
逆に良いスパイラルとは何か。
集中して一発でマスターする事です。
具体的には読み書き聞き話すです。
英語を使ってコミュニケーションが取れる様になるまで勉強するのです。
決意をしっかり持ってきちんと努力すれば報われます。
志の高さが英語を上達させるための前提になります。
勉強に疲れて投げ出したい時が踏ん張り時です。
そんな時ほど、初心を思い出して下さい。
期間を決める事も大事です。
だらだらと時間を浪費しない為に必要です。
また効果的な勉強のテクニックを身に付ける事が一番大事です。
効果がない勉強法は時間の無駄になります。
英語学習は個人の能力を集めたものです。
身に付けるべき英語力は単語、文法、読む、聴く、話す、書く力です。
これらを全て身に付ける事が英語をマスターする事になります。
重要な事は上手に覚える事です。
効率的なスケジュールを組み時間を有効活用する段取りや仕事に振り回されない様にする事も大事です。
モチベーション維持するメンタルの強さやテストで点を取る事も大事です。

使えるかどうかが大事

暗記をする時に大事な事は実際に使えるかどうかです。 覚えた単語を使って文章を組み立てられるかまで行うのです。 そこまでやると驚くほど暗記力が良くなります。 記憶には短期記憶と長期記憶が有ります。 違いは実際に使えるかどうかです。 使える状態になっていれば忘れる事はなかなか出来ません。